Y!mobileオンラインストア

テレビとかで話題の格安携帯、何が今までと違う?

 いよいよSIMロック解除の義務化がスタートし、急速に注目を集めている格安携帯。格安携帯を知らない人でも、何となく携帯料金を安く抑えられるイメージから、ニュースをチェックする人も多いようですね! 

 

 そして、何となくではなく、実際に格安携帯は利用料金を安くすることができると証明されているのです。それも毎月1,000円や2,000円というレベルではなく、半額以下になうことも珍しくないのです。

 

 今までキャリアに支払っている毎月の利用料金は、昨年スタートした定額プランに加入している人なら、月額で最低でも6,500円は支払わなくてはいけない計算になります。一方で、格安携帯なら月額で3,000円以下で携帯を利用できる計算になってしまうのです。年間でいうと万単位の携帯代が節約できることになるのでこれを使わない手はないでしょう!(^^)

 

SIMって格安携帯とどんな関係があるの?

 

 

 「SIM」とは、携帯電話などに内蔵されている、個人の携帯番号やどこの通信会社の回線を利用するかの情報が記憶された小さなメモリーカードのことをいいます。最近の携帯端末はそのような情報は記憶されておらず、このSIMを端末に挿入することで初めてメモリー領域に情報が書き込まれた通信機器として機能するようになるのです。

 

 今までキャリアはユーザーの囲い込みをするために、SIMには固有の端末しか使えないように制限をかけていました。このことを「SIMロック」といいます。そのため、大手キャリアでは携帯料金が、全て高止まりの状態が続き、私達、ユーザーには料金プランの見直しの余地がなくなっていたのです。

 

 そこでキャリアの料金が高いことを懸念した、政府は総務省の勧告の元、2015年5月以降に販売される全ての端末は全てSIMロック解除が義務化されたのです。それによりユーザーは自由に携帯を選べるようになったのです。これが「SIMフリー」というものですね。

 

 今現在でも、通信事業に関係のなかった他業種の事業社が格安携帯事業に続々参入して価格の引き下げや、独自のプランなどを提案し競争を激化していますので、これからも格安携帯はより良いものになるはずです。

 

格安携帯だとどこまで安くできるの?

 

 では、格安携帯だとキャリアの携帯に比べてどのくらい安くなるのかとというのが気になってくるところです。そこで分かりやすいように図で説明すると以下のようになりました。

 

 この図を見てもらえれば分かるように、従来のキャリアの携帯の料金プランは通話し放題定額プランだけでも3,000円近くはしていました。これではビジネスマンのように四六時中スマホを利用する人(特に通話機能を多用する人)にはありがたいのかもしれませんが、私達のように偶に通話機能を利用する程度のユーザーには全く適していません。通話してもないのに毎月一定額、通話代を支払っているのですから・・・・。

 

 更にいうと、そこにデータ通信費が3,000円くらいかかり、またそこに使うか使わないか疑わしいサービスやオプションがプラスされるのです。これら全てトータルするとキャリアの携帯代は6,500円以上となるのです。

 

 逆に、格安携帯にした場合の料金プランを見ていくと、キャリアとは違い通話し放題定額プランというのは存在しません。その代わりに、20円/30秒という割合で料金が加算される従量制をとっているのです。つまり、通話機能を使った分だけ通話料を支払うという、ライトユーザー向けのプラントも言えるでしょう。ですので、元の基本料と合わせてもトータルで3,000円くらいで済むのではと思います。(通話をほとんどしない場合)

 

 ちなみにこの記事を書いている私は「DMMmobile」という格安携帯の会社に登録しましたが、毎月の携帯代が3,000円台ですよ!!

⇒ 【DMM mobile】加入するなら今がチャンス

恐らくですが、偶にネットや通話機能を使う程度の人なら「音声通話付きSIMプラン」の3GBで十分ではないかなという感じです(/・ω・)/

 

MVNOってどんな会社?

  初めて聞く人にはサッパリ意味がわからないと思いますが、格安携帯を調べる上で、必ず「MVNO」という言葉が登場すると思います。このMVNOというのはMobile Virtual Network Operatorの略で「仮想移動体通信事業社」という意味です。簡単に説明すると大手キャリアから回線の一部をまとめて借り受けて、それをユザー安くに販売している形になります。MNOがメーカーならば、MVNOは商社の立ち位置に似ています。 

 

 このMVNOは自社で通信設備を敷設しないだけでなく、販売店などを持たない(つまりWEBなどのオンラインショップ)にすることで、コストを極限まで下げています。そのために私達、ユーザーが格安で携帯を利用できるということですね!!

 

 以下に挙げる、MVNOはオンラインショップの中でも特に人気のMVNOです。今現在、格安携帯を利用されているユーザーからの口コミを元にしたものなので、ぜひ参考にしてみてください。(^^)

1位 Y!mobile(ワイモバイル)

>>Y!mobile公式サイトはこちら<<

容量プランも1~7GBで幅広く対応
ショップが多くありサポート体制が万全
実は通信速度は他社を圧倒している
10分以内の通話が月に300回まで無料
トップクラスの端末「Nexus 6」が利用可能
乗り換えなら機種によって端末代金割引

>>Y!mobile公式サイトはこちら<<

2位 DMM mobile(DMMモバイル)

>>DMM mobile公式サイトはこちら<<

業界最安値で、とにかく料金が安い
1~20GBでライト、ヘビーの両方に
データ容量、翌月繰り越しで節約
月ごとのプラン変更にも対応している
バースト機能で低速通信時でも快適
8GB以上のプランはシェアもできる

>>DMM mobile公式サイトはこちら<<

3位 mineo(マイネオ)

>>mineo公式サイトはこちら<<

端末数はMVNOの中でも随一
500MBはライトユーザーに最適
au・docomoの両回線が利用できる
150円/100MBでデータ追加チャージも
翌月繰り越しで無駄なく、経済的に利用
050IP通話アプリLaLa Call(ララコール)

>>mineo公式サイトはこちら<<

4位 U-mobile(ユーモバイル)

>>U-mobile公式サイトはこちら<<

容量無制限プランで使い放題利用
2段階プラン「ダブルフィックス」あり
毎月U-NEXTポイント特典がある
U-CALLで国内通話が半額になる
店頭販売で他のMVNOに差別化
音楽サービスなど機能性がイチオシ

>>U-mobile公式サイトはこちら<<

5位 OCN モバイル ONE

>>OCN モバイル ONE公式サイトはこちら<<

マツコのCMで人気という安心感
現在、日本一の契約者数の実績
1日単位のプランがかなりユニーク
専用アプリで通信のON・OFF切替
プロバイダ契約者向け割引プラン
1日コースは使い放題オプションも

>>OCN モバイル ONE公式サイトはこちら<<

格安携帯のメリット・デメリット

 まず、格安携帯を購入することを考えるのであれば始めに自分がどのような使い方をするのかを考えなくてはいけません。いくら格安携帯だからといってもメリットだけとは限りません!場合によっては格安携帯がデメリットになることもあるかもしれないのです!

ですからそのようなデメリットがでないよう格安携帯の会社(MVNO)はどこにするのか?またどのようなプランにするのか?なども調べてみましたので参考にしてください。

 

【格安携帯のメリット

月額料金がとにかく安い

MVNOの多くは店舗がなく、初期投資費用をかけていないので今までの大手キャリアと比べ驚くほど金額が低いのです!

そして自分に合ったプランが選べますから、余計な内容に料金を支払わなくて済むのです。

用途に応じた多彩なプランがある

各社のサービスがいろいろ目的に合わせてプランが選べるので好みのものを探して利用できる。大手の独占からの開放♪

SIMタイプ(音声通話SIM・データ通信SIM・SIM+端末セット)など自分で選択

機種や契約期間の縛りがゆるい

今のスマホの携帯番号をそのまま利用でき、契約期間の縛りがゆるいので契約が勝手に更新することもなく安心して使える。

タブレットでも利用可能で中には3枚のSIMを提供するところもあります。

 

【格安携帯のデメリット

通話料金が割高

携帯の通話機能で長話を電話でする人には少し耳の痛い話かもしれませんが、通話料が大手キャリアより少し割高なので長話する人には向いてません!ただし、普段からLINEなどで会話する方から言わせると全く支障ないみたいですがww

通信速度・ データ容量に制限がある

無制限のプランもありますが、通信速度などは時間帯によってもマチマチだといいます。ですからビジネスなど大事な場面でも多く使う方には大手キャリアのほうがよい可能性も。

​その他諸々の不便

・@docomo.ne.jpなどの使用ができなくなります。しかしGメールやLineは利用できます

・電話や店舗サポート体制が未整備(イオンやビックカメラ、Yモバイルは店舗ありますがね。。)

・学割、家族割りがないのでその辺も頭においておくこと

 

<<POINT>>    

◆通話やデータ通信量が選択の決め手。月1時間以上の通話をするなら大手の方がメリットあり 

◆データ通信が多い場合は、キャリアと格安携帯でじっくり検討!

◆どちらも少ない場合は、格安携帯で決定!すぐにでも格安携帯にかえるべき( ゚д゚)ハッ!

※このような統計データがあるので、今現在に自分のスマホがどのような使い方をしているのかを考え、そして上のPOINTのどこに当てはまるかで格安携帯にするかが分かるかと思います。

 

格安携帯の購入方法を選択する

実際にどのような手順で格安携帯に切り替えていけばよいのかをまとめてみました。

方法は単純でまず一つは『店頭で簡単購入』ということと、もう一つが『WEBで選択購入』の二通りということです。(/・ω・)/

 

【店頭で簡単購入】

・キャリアと同感覚で専門のスタッフがサポートあるので初心者にはおすすめ
・通信事業者がWEBより少なく、また手続きに手数料が多少かかる
・SIMフリー端末とSIMカードのセットで売られているので、中古端末はムリ

 

【WEBで選択購入】

・自分で契約するのでキャリアのように余分なサービスはつかいない
・多くのMVNOはWEB専売なので選択肢が一気に増え、比較もしやすい
・SIMフリー端末とSIMカードを選択できるので中古端末も検討できる

 

<<POINT>>     

◆ 子どもや主婦、シニア層など、あまりスマホ機能やPCを利用しないユーザーは簡単購入。

◆PCやスマホに詳しいユーザーは、比較検討して最適なプランをWEBで選択購入。

 

格安携帯 SIMタイプを選択する

 

格安携帯はそれぞれユーザーに合わせプランを選択しなければいけません。そのプランの選択には以下の3通りがあり、それぞれユーザーの使用頻度に合わせて選択出来るようになっています。※SIMタイプを選択する(通話の有無、端末の有無がPOINT)

 

【データ通信SIM】 ・機能制限で最安 ・IP電話で通話可能 ・SMS有料オプション
【音声通話SIM】 ・メイン端末向き ・番号発信、MNP対応 ・SMS対応
【SIM+端末セット】 ・端末と通信の一括払い ・端末と通信のサポート ・海外メーカー端末多い

 

<<POINT>>      

アプリで代用して最安利用であればデータ通信SIM

今までの携帯と同じように格安携帯を利用したい場合は音声通話SIM

支払いやサポートを一括にするためにSIMと端末をまとめて購入するのもあり。

 

格安携帯のプランと料金

 

格安携帯にしようとは思うけど、どのようなプランに自分が申しこめばよいのかが分からないという方のために大まかですが比較表を用意しました。ぜひ参考に(`・ω・´)ゞ

 

 料金プランを選択する(動画や画像の閲覧料がPOINT)

<<想定するユーザーのシェアと用途>>

想定ユーザー ユーザー特性 使用用途 全体シェア率
小学生~大学生
会社員
主婦,シニア
ライトユーザー
通話,データ少
アプリ
WEB
55%
大学生
会社員,経営者
独身女性
ミドルユーザー
通話,データ並
アプリ
通話
WEB
40%
会社員,専門職
オタク
独身男性
ヘビーユーザー
データ大量
アプリ
WEB(動画主)
書籍,音楽
5%
 

【ライトユーザー】
おすすめプラン・・・・データ通信SIM(1GB~3GB) 価格1,000円前後

【ミドルユーザー】
おすすめプラン・・・・音声通話SIM(3GB~7GB) 価格2,000円前後

【ヘビーユーザー】
おすすめプラン・・・・データ通信SIM 複数SIM併用 LTE無制限 価格3,000円前後

 

※1GBの目安/月(SoftBank公式ホームページより)
メール2,000通、サイト閲覧3,500ページ、動画視聴4時間30分、音楽DL250曲

 

<<POINT>>

スマホユーザーの大半はライトユーザーであり、月3GB未満の通信で十分。IP電話利用、Wi-Fiスポットを併用したパケット通信の節約を徹底すれば、ほとんどのユーザーがライトユーザーと同程度の格安プランで利用可能。     

 

 

格安携帯の通話料って従量制ですよね・・・

 格安携帯にすると通話料が従量制で20円/30秒の割合で加算されていきます。元々、通話を余りしない人にとっては大したことない問題かもしれませんが、これが通話を良くする人から言わせると通話料金が高くなるのではと、心配になるところです。こちらの図で表すと・・・・

 

 

 それに関しての、多くの人が取られる方法としてはまず、無料通話アプリの「LINE」の通話機能を使い、通話料を発生させない方法があります。しかし、仕事などで相手にアプリを使わせるわけにはいかない場合や、田舎のお年寄りに電話をする時にアプリと言ってもなかなか理解ができないというのも現実問題あります。

 

 そこで最後にもう一度、紹介しておきたいのは「Y!mobile」の10分までの通話なら月に300回まで無料通話ができるという独自のプランです。

 

 ここで簡単な計算をすると、10分フルに通話したとしたら・・・

20円/30秒✖10分=400円  

つまりこの条件で月に10回利用したとしたら・・・

400円✖10回=4,000円

 

 このように、驚きの通話料金の節約ができることになるのです。勿論、10分以降は他のMVNOと同様に従量制で通話料が発生するので、そこは注意ですが、それでもかなりお得ですよね!!

 

気になる方は「Y!mobile」も必ずチェックをオススメします(`・ω・´)ゞ

 


Y!mobileオンラインストア        

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【中古端末(白ロム)】
1位
>>ケータイ★アウトレット<<
>>ケータイ★アウトレット<<

【海外製スマホ】
1位
>>Etoren.com<<
>>Etoren.com<<

【LTE使い放題】
1位
>>スマモバ<<
>>スマモバ<<

【スマホ修理】
1位
>>Goodモバイル<<
>>Goodモバイル<<





<<こちらもオススメ>> 

AppBank Store
AppBank Store
TeddyShop
TeddyShop
Wireless.com
Wireless.com
ドットアイ
ドットアイ
モーダマニア
モーダマニア



 

 

 

PC、スマホ疲れの首大丈夫?

この枕が売れてるらしい!

  ⇓   ⇓   ⇓  
ストレートネック枕「肩楽ピロー」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

© 2016 格安携帯 rss
SEO対策テンプレート